BlogでHTML日進月歩

HTML及びCSSの理解を深め、Webサイト作成初級者からの脱却を目指します。

エントリー記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの一番上へ

目次 - 訪問者への配慮

Webサイトとは本来、どんな環境からでも情報を閲覧することが可能であるべきです。ところが残念なことに、特定の環境でしか閲覧できないサイトも数多く存在します。また、利用環境によっては使い勝手の良くないサイトも数多く存在します。

ここでは、アクセシビリティ及びユーザビリティについて考察しています。

アクセシビリティ

情報を公開するにあたり、閲覧環境を限定することは好ましくありません。ここでは、あらゆる環境からアクセス可能なサイトの構築方法について考察しています。

ユーザビリティ

どんなに価値のあるコンテンツがあっても、使い勝手が良くなければコンテンツがかすんでしまいます。ここでは、閲覧者に優しいサイトの構築方法について考察しています。

スポンサーサイト

このページの一番上へ

目次 - XHTMLへの移行

文法的な制約が緩いHTMLはSGMLと呼ばれる言語に適合しております。SGMLは柔軟性に富む反面プログラム処理が複雑で、多様なサービスの提供が困難であるという問題を抱えています。これを解決するために、柔軟性を犠牲にプログラム処理を簡略化したXMLが開発されました。XHTML1.0は、HTML4.01をXMLに適合するよう再形式化されたもので、文法的な制約は厳しいものの今後多様なサービスの恩恵を受けられることが期待できます。

XHTMLへの移行

HTML4.01からXHTML1.0に移行するための準備方法を挙げています。

このページの一番上へ

目次 - HTML関連

Webサイトの基本となるHTML。ところが残念なことに、間違ったHTMLを記述しているサイトが数多く存在します。間違ったHTMLを記述していると、一部のユーザー環境では閲覧の際に不具合を起こしたり、或いは全く閲覧できない恐れがあります。

当ブログでは、W3C(*1)が推奨しているHTML4.01(*2)及びXHTML1.0(*3)に準拠したサイトづくりを目標としています。

HTML基礎

正当なHTMLを記述する上で必要な、基礎事項を取り扱います。

HTML構造指定

構造のマーク付けとしてのHTMLについて解説し、テキストブラウザや音声ブラウザにも意味を伝えるための要点を挙げています。

脱HTMLデザイン

一部のグラフィカルブラウザでしか認識できないタグを使わずに、CSSを用いて見栄えを指定する方法を挙げています。

【注釈】

このページの一番上へ

連絡先、広告

copyright © 2005-2006 セロリ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。