BlogでHTML日進月歩

HTML及びCSSの理解を深め、Webサイト作成初級者からの脱却を目指します。

エントリー記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの一番上へ

見出し

見出しを指定したいときには、<h1>~<h6>タグを用います。

1~6の数字は、そのページにおける見出しのレベルを示します。ブラウザによっては、文書の目次を自動的に構成する等の実装が考えられます。

見出しのレベルは、最上位の1から順に用います(*1)。見出しのレベルを飛ばして使用するのは好ましくありません。

多くの視覚系ブラウザでは上下に余白(margin)を取ります。レイアウトの邪魔になる恐れがある場合、予め余白を0にしておくと良いでしょう。

h1,h2,h3,h4,h5,h6{margin:0;}

(*1)
当ブログでは、h1要素にタイトルh2要素にサブタイトルh3要素にメニュー及び記事タイトルh4要素にコメント入力フォーム項目タイトルを入れております。
スポンサーサイト

このページの一番上へ

連絡先、広告

copyright © 2005-2006 セロリ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。