BlogでHTML日進月歩

HTML及びCSSの理解を深め、Webサイト作成初級者からの脱却を目指します。

エントリー記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの一番上へ

新しいウィンドウを開くことについて

リンクの中には、現在のページとは異なる新しいウィンドウ(別窓)を開くものがあります。ところが、この役割を担っているtarget属性はHTML4.01において非推奨とされ、XHTML1.1で正式に廃止されました(*1)。ここでは、target属性が抱える問題について考えてみたいと思います。

新しいウィンドウを開く指定は、特にリンク集において利用されるケースが多く見受けられます。これにより、自分のサイトと他のサイトを明確に区別することができます。

しかし、ブラウザの「戻る」を多用するユーザーにとっては不都合が生じます。特に、新しいウィンドウを開く仕組みを理解していないユーザーは迷子になってしまうことが考えられます。また、古いパソコン環境においては余計なリソースを消費させられ、フリーズしてしまう恐れがあります。

target属性には、次のような問題点があります。

同じウィンドウで開くことができない(*2)
多くの場合、target属性を指定されたリンクを同じウィンドウで開くようにユーザー側で自由に選択することができません。
通常のリンクと区別できない
target属性を指定しても、リンクには何も変化がありません。訪問者には違いがわからず、実際にクリックしてみないとわからないという問題があります。

target属性が指定されているリンクをユーザーが同じウィンドウで開くことができない一方、通常のリンクをユーザーが新しいウィンドウで開くことは容易です(*3)。新しいウィンドウを開くことを好むユーザーも居れば好まないユーザーも居るので、target属性の指定は最低限に留めておくのが無難であると思われます。

target属性を指定する際には、「新しいウィンドウを開く」ことを訪問者にわかりやすく伝えると良いでしょう。「通常のリンク」と「新しいウィンドウで開くリンク」の両方を用意して、ユーザー側で自由に選択できるようにするのも効果的です。

(*1)
フレームを使用する際には必須の属性ですが、フレーム自体がXHTML1.1で廃止されたことにより、推奨される代替手段は特に用意されておりません。JavaScriptによる代替手段はありますが、JavaScriptが有効な環境でなければ機能しないという問題を抱えています。
(*2)
ブラウザによってはtarget属性を制御するものがあります。例えばOpera8はtarget="_blank"の場合にのみ新しいタブを開き、任意の名前をつけたtarget属性は無視して同じタブで表示します。
(*3)
一般的には、右クリックして「新しいウィンドウで開く」を選択します。
スポンサーサイト

このページの一番上へ

連絡先、広告

copyright © 2005-2006 セロリ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。