BlogでHTML日進月歩

HTML及びCSSの理解を深め、Webサイト作成初級者からの脱却を目指します。

エントリー記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの一番上へ

非推奨要素と非推奨属性

HTML4.01及びXHTML1.0における文書型は3種類存在します。Strict(厳密型)はその仕様に厳密に従い、非推奨とされている要素や属性を使用することはできません。Transitional(移行型)及びFrameset(フレーム設定型)では、非推奨とされている要素や属性を使用することが許されています。

非推奨要素(*1)
applet , basefont , center , dir , font , isindex , menu , s , strike , u
非推奨属性
align(*2) , background , bgcolor , border(*3) , clear , compact , hspace , language , link(alink,vlinkを含む) , noshade , nowrap , size(*4) , start , text , type(*5) , value(*6) , version , vspace , width(heightを含む)(*7)

これらの要素及び属性の多くは見た目を指定するものであり、音声ブラウザや点字ブラウザ等の環境においては意味を為しません。代わりにスタイルシートを用いることが推奨されており、XHTML1.1において正式に廃止されました。

(*1)
blink , marquee , bgsound , embed等HTML4.01規格外の要素があります。また、b , i , big , small等、古くから慣習的に利用されてきたためXHTML1.1では廃止されていない要素がありますが、これらは現在草案中のXHTML2.0において廃止が予定されています。
(*2)
table要素を除く表関連要素においてのみ指定することができます。
(*3)
table要素においてのみ指定することができます。
(*4)
フォーム関連要素(input,select)においてのみ指定することができます。
(*5),(*6)
リスト関連要素(ol,ul,li)への指定は推奨されていません。
(*7)
包含要素(img,object)及び表関連要素の一部(table,col,colgroup)においてのみ指定することができます。
スポンサーサイト

このページの一番上へ

連絡先、広告

copyright © 2005-2006 セロリ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。