BlogでHTML日進月歩

HTML及びCSSの理解を深め、Webサイト作成初級者からの脱却を目指します。

エントリー記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの一番上へ

XHTML1.0への移行

移行準備が完了しましたら、いよいよXHTML1.0に移行します。

XHTMLにおける初めての文書型であるXHTML1.0は、HTML4.01を最形式化したものです。ここでは、XHTML1.0への移行方法について触れていきます。

XML宣言

XHTMLはXMLに適合しており、これを明示するためのXML宣言を文頭に記述します(*1)。文字コードがUTF-8またはUTF-16である場合には省略することも可能ですが、それ以外の文字コード(Shift_JISやEUC-JP等)を利用する場合には必須です。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>

現在XMLのバージョンは1.0のみです。encoding属性には文書の文字コードを指定します。但し古いブラウザはencoding属性を認識できないので、同時にmeta要素でも指定しておきましょう(*2)

<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />

文書型宣言

XHTML1.0はHTML4.01を再形式化したものであり、HTML4.01と同様に3種類の文書型宣言が定義されています。文書型宣言はXHTML文書において必須です。

  1. XHTML1.0 Strict(厳密型)

    <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "DTD/xhtml1-strict.dtd">

  2. XHTML1.0 Transitional(移行型)

    <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "DTD/xhtml1-transitional.dtd">

  3. XHTML1.0 Frameset(フレーム設定型)

    <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN" "DTD/xhtml1-frameset.dtd">

仕様の詳細につきましては、XHTML 1.0 specification又はXHTML 1.0 仕様書翻訳をご覧ください。

名前空間

名前空間とは要素の名前を示すものであり、XHTML以外に様々なものが存在します。XHTML文書であることを示すには、XHTML最大の親要素であるhtml要素の開始タグで名前空間を指定します。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

言語コード

xml:lang属性を用いて、XHTML文書がどこの国や地域の言語で記述されているのかを指定します。但し古いブラウザはxml:lang属性を認識できないので、同時にlang属性でも指定しておきましょう。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">

空要素

XHTMLにおいてはbr , img , meta要素等、中身が空である要素も終了タグで閉じる必要があります。しかし、<br></br>のように記述すると古いブラウザでは解釈のされ方に違いが生じるため、<br />といった記述を用います(*3)。後方互換性を考慮して「/」(スラッシュ)の手前に半角スペースを記述しておきましょう。

(*1)
IE6は文書型宣言の解釈に問題があり、XML宣言を記述すると互換モードで表示されてしまいます。
(*2)
head要素中に記述します。
(*3)
空要素でない要素の中身を空にする場合には、このような記述は認められません。
スポンサーサイト

このページの一番上へ

連絡先、広告

copyright © 2005-2006 セロリ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。