BlogでHTML日進月歩

HTML及びCSSの理解を深め、Webサイト作成初級者からの脱却を目指します。

エントリー記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの一番上へ

テキストの色と背景色

多くの視覚系ブラウザが白背景色に黒文字色をデフォルトとしていますが、古いブラウザではグレーの背景色が一般的でした。また、ユーザー側でデフォルトの文字色及び背景色を変更することができます。

例えばWebサイトの文字色がグレーであると仮定します。もし同時に背景色をしていなければ、どのような不具合が考えられるでしょうか。古いブラウザでは文字色、背景色共にグレーとなり、閲覧に大きな支障をきたします。黒背景色&白文字色に変更しているユーザーの場合、このWebサイトは黒背景色にグレーのテキストで表示され、読みづらくなる恐れがあります。テキストやリンクの文字色を変更したい場合には、必ず背景色を指定しておきましょう

背景画像を指定している場合でも、背景色を指定しておきましょう。ナローバンド環境や携帯電話環境を中心に、画像を表示しない設定にしているユーザーが居ます。このような環境においては背景画像が表示されませんので、場合によっては閲覧に大きな支障をきたす恐れがあります。

多くの視覚系ブラウザにおいて一般的な白背景色に黒文字色はコントラストが高く、ディスプレイ上では刺激が非常に強いという意見が少なくありません。回避策としてはテキストをグレーにする等が挙げられますが、あまり薄い色を選択するとテキストが読みづらくなってしまいます。充分にコントラストの高い配色にすることが望ましいでしょう(*1)

(*1)
16進法で背景色が#ffffffの場合、文字色は#555555以上の濃さであることが望ましいようです(The Web KANZAKI色の組み合わせチェックを参考にさせていただきました)。
スポンサーサイト

このページの一番上へ

連絡先、広告

copyright © 2005-2006 セロリ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。