BlogでHTML日進月歩

HTML及びCSSの理解を深め、Webサイト作成初級者からの脱却を目指します。

エントリー記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの一番上へ

携帯電話料金プランの比較検討

最近、携帯電話でWebサイトを閲覧する頻度が高くなり、月々の料金が以前の約2倍(9000円)に跳ね上がってしまいました。安く抑えるために、各社の料金プラン(*1)を比較検討して現状に適したものを探してみることにしました。

利用状況の確認

まずは最近の利用状況を調べてみることにしました。

通話
基本的に通話しないので、月100円前後に留まるケースがほとんどです。
通信
以前は月1万パケット未満でしたが、最近は月5万パケット程度利用しています(*2)

各社の比較検討

NTT DoCoMo(NTTドコモ)

2005年11月に加入者数が5000万人を突破しました。50%以上の圧倒的なシェアを武器に、各種サービスが充実しています。

長所
iアプリ対応コンテンツの種類がとにかく豊富。懐かしのゲームのリメイク版が多数登場しています。「iアプリ版ドラクエ2」には大変お世話になりました。
短所
パケット定額サービスは完全定額制1種のみしかありません。

通信もアプリもたくさん利用するユーザー向けであると思われます。私には「タイプSS」と「パケ·ホーダイ」の組み合わせが適していると思われます(*3)

au

2005年12月の契約数は34万以上増加し、純増加数で1位を誇ります。

長所
着うたフル」等、音楽面において無類の強さを誇ります。2種類のパケット定額サービス等、料金プランの選択肢が充実しています。
短所
余った通話·通信料を翌月以降に繰り越すことができません

通信や着メロ等をたくさん利用するユーザー向けであると思われます。私には「プランSS」と「ダブル定額」の組み合わせが適していると思われます。

vodafone(ボーダフォン)

2005年前半はシェアを落として低迷していましたが、11月の「LOVE定額」を皮切りに反攻に転じています。

長所
通話·通信料がDoCoMoやauよりも安価です。
短所
「家族割引」サービスは副回線のみにしか適用されず、無料通信料も半減されてしまいます。

主に受信のみを利用する家族が居る場合、「家族割引」を利用して基本料金を抑えることができます。私には「ライトコールパック」と「デュアルパケット定額」の組み合わせが適していると思われます。

WILLCOM(ウィルコム)

旧DDIポケット。2005年2月に社名を変更して以来順調に契約数を増やし、純増加数ではvodafoneを上回り3位につけています

長所
通話·通信料の安さは他社を圧倒。PHSなので通話音質が良い。
短所
機種の種類が少ない。

データの通信速度が速く、パソコンとの親和性が高いようです。私には「ウィルコム定額プラン」と「データ定額」の組み合わせが適していると思われます。

比較検討結果

2006年3月よりDoCoMoの「パケ·ホーダイ」がFOMAの新料金全プランに適用可能になるため、乗り換えなくても7500円くらいにはなりそうです。auやvodafoneのプランなら6500円くらいまで下がりそうですが、それ以上にWILLCOMの安さに魅力を感じます。今の利用状況なら4000円くらいで済みそうです。

WILLCOMについてもう少し調べてみようと思います。

(*1)
2006年2月1日時点における料金プラン。但し3月よりDoCoMoの「パケ·ホーダイ」がFOMAの新料金プランに適用可能になることを考慮しています。
(*2)
世間的には「あまり使っていない方」であると思われます。弟や妹は月に100万パケット程度利用しているようです。
(*3)
2006年3月より、FOMAの新料金プランなら全プランに適用可能です。
スポンサーサイト

このページの一番上へ

連絡先、広告

copyright © 2005-2006 セロリ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。