BlogでHTML日進月歩

HTML及びCSSの理解を深め、Webサイト作成初級者からの脱却を目指します。

エントリー記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの一番上へ

PHS「WILLCOM」

携帯電話の料金プランを比較検討した結果、PHS「WILLCOM(ウィルコム)」に魅力を感じました。

PHSの歴史

PHSは1995年にサービスが開始され、「利便性」と「安い通話料金」が支持され急激に普及しました。しかし加入者数の増加に基地局の増設が追いつかなかったため通話が頻繁に切断され、利用者の不満を買ってしまいました。更に、電波状況の良い携帯電話の料金が大幅に下がったため、利用者離れが急速に進んでしまいました。

以後長期に渡り低迷が続いていましたが、現在は基地局の設置数も増え、山間部を除いた多くの地域で問題なく利用できるようになりました。

WILLCOMの料金プラン

2005年5月、WILLCOM同士の通話料金が無料となる「ウィルコム定額プラン」を開始し、更に同年11月にはパケット定額サービス「データ定額」を相次いで導入しました。これとは別に「リアルインターネットプラス」も用意されています。

ウィルコム定額プラン

基本料金は月2900円。通話料金はWILLCOM同士なら無料(*1)です。他社携帯電話との通話料金は「30秒あたり13.125円」で、この基本料金としては他に類を見ない価格です(*2)

注目すべきはEメールで、送信先を問わず完全に無料です。つまり、他社の携帯電話やパソコンへのメールも無料です。

データ定額

auの「ダブル定額」やvodafoneの「デュアルパケット定額」と同様、料金に上限と下限が設けられています。しかし、これらのパケット定額サービスと比較して非常に安く設定されています。

リアルインターネットプラス

基本料金月2100円の完全定額制です。但し接続速度は「データ定額」(4x)の半分(2x)となります(*3)

パケット定額サービスの比較

2006年2月1日時点における、各社のパケット定額サービスを比較してみました。
パケット定額サービス料金の比較図

私は月5万パケット程度利用しているので、DoCoMoの場合は完全定額で4095円、auやvodafoneの場合には3000円近くの通信料が発生します。一方WILLCOMの「データ定額」の場合、下限の1050円で10万パケットまで利用することができます。

注目機種

私が注目しているのは京セラ製の「WX310K(*4)。フルブラウザOperaを搭載しているのが魅力的です(*5)。多くの携帯電話環境において非対応のJavaScriptに対応しています。Flashプレーヤーをダウンロードすれば、動画を閲覧することもできます。

機能的には、SHARP製の「W-ZERO3」にも惹かれます。一般的な携帯電話の場合、メール等をする際文字を打つのが非常に面倒ですが、この機種はキーボードが付属しているので文字をスムーズに入力することができます。

でも、「W-ZERO3」は高機能のため値段の高さがネックです。それに、個人的には黒じゃなくて違う色(*6)の方がいいし…「WX310K」で充分満足できそうです。

最後に

かつてはPHSも携帯電話も通話機能のみで、今のようにメールやWebの機能はありませんでした。当時は通話が頻繁に切断されるのは致命的であり、携帯電話に大差をつけられてしまいましたが、最近は基地局の設置数も大幅に増えています。更に当時と異なるのは、現在は通話に代わってメールを利用できるため、電波の届きにくい地域でも情報のやり取りが不可能ではなくなりました。

WILLCOMに乗り換え決定!いつ買い換えようかなぁ?

(*1)
2時間45分以上の連続通話には超過料金が発生します。
(*2)
DoCoMoの「タイプM」やauの「プランM」、vodafoneの「バリューパックプラチナ」に相当します。
(*3)
古い機種の場合、接続速度は「データ定額」の4分の1(1x)に減少します。
(*4)
通称「京ぽん2」。
(*5)
パソコン環境においては既に私「Opera」ユーザーです。
(*6)
3月中旬に新色「シャンパンシルバー」が発売される予定です。
スポンサーサイト

このページの一番上へ

連絡先、広告

copyright © 2005-2006 セロリ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。